ホーム


MANAUS
アマゾン河口のベレン市から、上流に遡ること1400キロ。アマゾナス州の州都マナウスはブラジル唯一の自由貿易港で、アマゾンの観光拠点にもなっている、活気あふれる町だ。


まずはアマゾン支流の小さな町や村へ向かう船が停泊する浮き桟橋へ足を運んでみよう。色鮮やかなハンモックが所狭しとデッキに吊り下げられた船は、通称ハンモック船と呼ばれる庶民の貴重な足。早いもの勝ちでいい場所を確保し、自分のハンモックを吊る。これが、アマゾンの船旅を快適に過ごす秘訣らしい。

桟橋の近くには、マナウスの胃袋を満たす巨大な市場もあり、庶民のエネルギーを肌で感じることができる。並んでいるのは、体調2メートルもある古代魚ピラルク、ツクナレ、タンバキ、そしてボドと呼ばれる吸い付きナマズなど、アマゾンで捕れた珍しい魚たち。


「さて、その味は?」と気になるところだが、嬉しいことに、マナウスにはこうした魚を食べさせてくれる専門店もある。ブラジルが世界に誇る大河に住む魚達は、どれも脂がのっていて、川魚とは思えないほど美味しい。ぜひ一度お試しあれ!

 

前へ戻る